トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
李克強政治局常務委員、新中日友好21世紀委の委員と会見
2008/01/29

 

 中国共産党の李克強中央政治局常務委員は29日、北京の人民大会堂で新中日友好21世紀委員会の委員と会見した。

 李克強氏は同委員会が中日関係の改善と発展に積極的役割を果たしていることを高く評価、さらに次のように指摘した。中国と日本は互いに重要な隣国で、共にアジアと世界の重要な国である。双方の共同の努力により、中日関係は現在、改善・発展の重要な時期に入りつつある。長期的かつ健全で安定した中日善隣友好協力関係を発展させることは、両国と両国人民の共通の利益にかない、地域と世界の平和、安定、発展にも役立つ。双方は「歴史を鑑とし、未来に目を向ける」精神で、現在の有利な時機を逃さず、交流を拡大し、協力を深め、両国人民の相互理解と友好的感情を増進し、中日の戦略的互恵関係を新たな段階に進めなければならない。

 同委員会の鄭必堅中国側首席委員が今回の会議の状況を説明した。

 日本側の小林陽太郎首席委員は次のように述べた。日本側委員は日中関係が全面的に温かさを取り戻したことを心から喜んでいる。日本は中国の平和的発展を支持する。各分野の互恵協力、特に環境保護・省エネ協力と青少年交流を積極的に推進し、日中関係の改善基調を保ち、深め、両国人民に幸福をもたらすことを願っている。

 新中日友好21世紀委員会は両国政府の諮問機関で27日から28日まで北京で第7回会合を開いた。

 会見には王毅・外務次官が同席した。

 (北京08年1月28日発新華社)

 

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]