トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
新中日友好21世紀委第7回会合閉幕
2008/01/29

 

 2日間の予定で北京で開かれていた新しい中日友好21世紀委員会の第7回会合は28日閉幕した。

 温家宝首相と福田康夫首相がメッセージを寄せた。会合には鄭必堅、小林陽太郎両首席委員が双方の代表団を率いて出席した。

 双方の委員は福田首相の訪中の成果をどう実行に移し、胡錦涛国家主席の訪日をどう成功させるかというテーマをめぐり、両国関係の長期的、戦略的な、高次元の問題について幅広く、突っ込んで意見を交換した。そして近年の中日関係改善の成果を総括するとともに、今後の日中関係を展望する建設的意見と提案を出した。

 会合後のメディアとの会見で、双方の委員は一致して、中日関係の新たな進展を高く評価し、両国関係はより大きい発展への歴史的チャンスを迎えており、双方がチャンスを逃さず、勢いに乗じて、両国関係の改善・発展基調をたえず定着させ、拡大すべきことを確認した。

 新しい中日友好21世紀委員会は両国指導者の共通認識に基づき、2003年7月に設立されたもの。両国政府の諮問機関であり、これまで両国で6回の会合が開かれている。

 (北京1月28日発新華社)

 

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]