トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
胡錦涛中国主席、福田首相と会見
2007/12/29

 胡錦涛国家主席は28日午後、北京の釣魚台養源斎で、福田康夫首相と会見した。

 胡主席は、中日関係が改善され、発展している現在の好ましい状況を積極的に評価し、次のように述べた。長期安定と善隣友好の中日関係を発展させ、平和共存、世代友好、互恵協力、共同発展という大目標を実現することは、両国人民の共通の願いであり、期待でもある。それは両国指導者と政治家が共に担うべき責任であり、使命でもある。日本側と共に、首脳レベルの相互訪問と中日平和友好協約締結30周年を契機に、三つの政治文書が確定した原則を順守し、「歴史を鑑とし、未来に目を向ける」精神に従い、チャンスをとらえ、実務に力を入れ、対話と協議を一層強化し、理解と相互信頼を深め、二国間の重大で敏感な問題を適切に処理していきたい。全面的で多くの分野に及ぶ、いろいろなレベルの交流と協力の推進に力を入れ、共通の利益を拡大していく。民間交流、特に青少年交流を拡大し、両国人民の友好的感情を深め、戦略的互恵関係の構築と発展のため努力し、善隣友好と互恵協力の新たな局面を日本側と共に切り開いていきたい。

 福田首相は中国側が今回の訪問のため周到な手配を行ってくれたことに感謝し、次のように表明した。中国滞在中、双方は両国関係に関する多くの問題について全面的で突っ込んだ討議を行い、幅広い共通認識に達し、相互理解を深め、協力を促進した。

 首相は両国関係についての胡錦涛主席の考えを称賛し、中国側と共に努力し、協力を強化、交流を拡大、両国民の相互理解と友情を深め、戦略的互恵関係がたえず大きな成果を収めるようにしていきたいと表明した。

 唐家セン国務委員、戴秉国外務次官、崔天凱駐日大使らが会見に同席した。

 (北京07年12月28日発新華社)

 

 

 

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]