トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
呉邦国全人代委員長、福田首相と会見
2007/12/29

 中国全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会の呉邦国委員長は28日、北京の人民大会堂で、福田康夫首相と会見した。

 呉委員長は次のように指摘した。中日両国は重要な隣国同士で、中国は世界的見地から中日関係をとらえている。中日善隣友好協力関係の発展は両国人民の共通の願いであり、両国と両国人民の根本的利益にかなっており、アジアと世界各国人民も期待している。両国の間に意見の食い違いはあるが、主流は共通の利益である。双方は長期的見地から、また戦略的視野から中日関係に対処、関係を把握しなければならない。三つの政治文書が確定した諸原則を踏まえ、日本との友好協力関係を発展させ、中日関係を新たな段階に推し進めていきたい。

 さらに次のように強調した。中日友好は結局、両国人民の友好であり、人民間の信頼を確立することが特に重要だ。来年は中日平和友好条約締結30周年に当たり、北京五輪が開催される年でもあり、「中日青少年友好交流年」でもある。双方はチャンスをとらえ、多様で内容の豊かな交流イベントを企画し、両国人民の相互理解と友好的感情をたえず増進すべきだ。

 また次のように述べた。両国立法機関の対話と交流は二国間政治交流の重要な一部である。中国全人代と日本の衆参両院は、それぞれ定期交流の仕組みを確立し、頻繁な交流を行っている。今後もこのチャンネルを十分に生かし、交流を強化、相互理解と政治面の相互信頼を深め、各分野の交流と協力を発展させるべきだ。

 福田首相は次のように表明した。中国経済は急速に発展し、国際的影響力はたえず拡大している。日中両国が意思の疎通を深め、協力すれば、アジアと世界の平和と発展に重要な貢献ができる。日中両国は来年、一連の重要なハイレベル交流や各種の交流と協力を進めることになっているが、中国側と共に双方が確認した共通認識を実行に移し、両国関係と各分野の協力を全面的に発展させていく。両国立法機関が交流を強化、日中関係の発展を支持促進することも望んでいる。

 (北京07年12月28日発新華社)

 

 

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]