トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
福田首相、宋健中日友好協会会長と会見
2007/12/14

 

 福田康夫首相が14日、東京で中日友好協会の宋健・会長と会見した。

 会見の席では、宋会長が胡錦涛主席と温家宝首相からのあいさつを福田首相に伝え、福田首相が中国の指導者へのあいさつを同会長に託した。

 宋会長は、昨年以降、改善と発展がみられる中日関係を振り返り、近く行われる福田首相の訪中と来年行われる胡主席の訪日が中日関係のさらなる発展を促し、両国人民に実益をもたらすことを願っていると表明した。

 福田首相は次のように述べた。今年4月の温家宝首相による訪日は大成功を収め、各分野の交流と協力を促した。日本側は来年行われる胡錦涛主席の訪日を熱烈に歓迎する。先ごろ両国政府は来年を「日中青少年友好交流年」とすることを決めた。双方が両国青年世代の相互理解を一段と深めるため努力することを願っている。できるだけ早く中国を訪問したいと思っており、日中両国が人的往来や環境保護分野などの協力を強化することを望んでいる。

 中国の崔天凱大使が会見に同席した。

                  



[Suggest To A Friend]
       [Print]