トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
王家瑞部長、野中広務氏と会見
2007/12/12

 

 中国共産党中央対外連絡部の王家瑞部長は11日、北京で元自民党幹事長、日中友好協会顧問の野中広務氏と会見した。

 双方は現在の中日関係のよい基調を高く評価した。王部長は野中氏が長期にわたり中日友好事業に積極的に尽力してきたことを称賛した。また、第17回党大会の状況を説明し、中国は平和的発展の道を堅持し、日本など周辺隣国との善隣友好と互恵協力を全面的に発展させると強調、日本各界の有識者と手を携えて努力し、中日関係発展のチャンスを逃さず、戦略的互恵関係の構築を促進することを希望した。

 これに対し野中氏は次のように述べた。日中国交正常化後35年間、双方の友好交流と協力は重要な成果を収め、子々孫々の友好を実現する堅固な基礎が築かれた。日中関係の将来に強い自信をもっており、このために引き続き積極的に努力したい。

 (北京07年12月11日発新華社)

 

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]