トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
胡錦涛国家主席、高村正彦外相と会見
2007/12/04

 

 胡錦涛国家主席は3日午後、北京の人民大会堂で、日本の高村正彦外相と会見した。

 胡錦涛主席は次のように指摘した。中日両国が協力しあえば、双方に利益がもたらされるが、憎しみあえば、双方が傷つく。長期安定、善隣友好、互恵協力の中日関係を発展させることは、両国と両国人民の根本的利益にかなっており、アジアと世界の平和、安定と発展にとっても有益だ。地域社会や国際社会での両国の協調と協力を密接にすれば、双方が気候変動、エネルギー安全保障、環境保護分野など世界的課題や地域の安全保障などに共同で対応し、問題を解決するのに役立ち、両国人民と世界各国人民に利益をもたらすことができる。

 胡主席は、また次のように述べた。中日関係には現在、積極的な発展基調がみられる。双方は苦労して得られたこの局面を大切にし、三つの政治文書の原則と精神を順守し、チャンスをとらえ、実務に力を入れ、中日関係を健全かつ安定的に発展させ、両国の平和共存、代々の友好、互恵協力、共同の発展を実現するため、努力を重ねていくべきだ。

 高村外相は胡主席の会見に感謝し、次のように述べた。今回の訪問と第1回日中ハイレベル経済対話は大成功を収めた。日本側は福田首相の訪中準備に積極的に取り組んでいくつもりで、胡錦涛主席の早期訪日を期待している。首脳レベルの交流を深め、各分野の互恵協力を強めることを通じて、戦略的互恵関係を着実に発展させることを日本側は望んでいる。

 高村外相はさらに、「台湾問題で、日本側は今後も日中共同声明で決まった原則を貫いていくつもりで、この立場が揺らぐことはない」と強調した。

 会見には楊潔チ外交部長と王毅次官が同席した。

 (中国外交部ホームページより)

 

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]