トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
温家宝首相、高村外相と会見 経済対話成功に祝意
2007/12/03

 

 温家宝首相は2日、北京の中南海・紫光閣で第1回中日経済ハイレベル対話に出席した日本の高村正彦外相一行と会見した。

 温首相は第1回中日経済ハイレベル対話の成功に祝意を表し、次のように指摘した。中日両国は互いに重要な経済・貿易協力のパートナーであり、経済・貿易協力の強化は中日の戦略的互恵関係を築くための基礎である。中日経済ハイレベル対話の役割の一つは両国の経済発展戦略とマクロ経済政策の交流である。対話は省庁の枠を越えた経済協力を調整し、協力の中で相互に関心を寄せる問題を検討し、経済・貿易分野の協力の水準を高めるのに役立つ。双方がこの対話を十分生かして、双方の協力を全面的に計画、指導し、両国間の経済・貿易関係の持続的、安定的、健全な発展を実現することを希望する。

 温首相はまた次のように述べた。現在、中日関係は全体的に良好な発展を続けている。来年は「中日平和友好条約」締結30周年で、両国関係を一層発展させるよい情勢を迎えている。双方はチャンスをとらえ、交流と協力を強め、平和共存、代々の友好、互恵協力、共同の発展の目標を達成するため共に努力しなければならない。

 高村外相は福田康夫首相からのあいさつを伝えた後、次のように述べた。第1回中日経済ハイレベル対話は成功を収め、双方はマクロ経済政策、省エネ・環境保護、貿易・投資および地域的、国際的な経済問題について率直に意見を交換した。対話は将来を見通したもので、両国関係を新たな発展段階に進めるうえで大きな意義がある。日本は引き続き対話を進め、各分野の交流と協力を深め、拡大し、戦略的互恵関係を前進させることを願っている。

 会見には曽培炎副首相が同席した。

 中日経済ハイレベル対話は両国政府が二国間の経済政策・協力を調整するために設けられたもの。現在、中日間の最高レベルの対話で、今回、中国側は曽培炎副首相、日本側は高村外相がそれぞれ議長を務めた。今年4月、温首相が訪日し、当時の安倍晋三首相と中日経済ハイレベル対話立ち上げ会議の共同議長を務めた。今回が第1回。

 (中国外交部ホームページより)

 

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]