トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
唐家セン国務委員、高村外相と会見
2007/12/03

 

 唐家セン(王+旋)国務委員は2日、釣魚台国賓館で第1回中日経済ハイレベル対話出席と中国公式訪問のため北京を訪れた日本の高村正彦外相と会見した。

 唐国務委員は次のように述べた。中日関係は現在、一層の発展の重要なチャンスを迎えている。双方は有利な時機をとらえ、首脳の共通認識を実行に移すことに力を入れ、政治面の相互信頼を強め、共通の利益を拡大し、国民感情を改善し、それぞれの重大な関心事を尊重し、適切に処理し、アジア地域協力の中で意思疎通と協調を強め、中日の戦略的互恵関係を実際の行動に移し、また地域の繁栄と発展により多く貢献しなければならない。

 高村外相は次のように表明した。今回、第1回中日経済ハイレベル対話と公式訪問は大きな成功を収めた。双方は率直に交流し、相互理解と信頼を増進し、日中両国民と国際社会に双方が戦略的互恵関係の強化を願っているという前向きのシグナルを発した。日本は中国と共に努力し、各分野の互恵協力を推進して、より多くの実質的成果を収め、両国民に幸福をもたらすことを願っている。

 会見には王毅・外務次官、宮本雄二中国駐在日本大使が同席した。

 (中国外交部ホームページより)

 

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]