トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
中国海軍駆逐艦、日本公式訪問を開始
2007/11/29

 

 中国海軍のミサイル駆逐艦「深セン(土+川)」号が28日午前、東京に到着し、4日間の日本友好訪問を開始した。中国軍の艦艇が日本を訪問するのは初めてのことで、中日両国が防衛分野の交流で新たな一ページを開いたことを示すもの。

 ミサイル駆逐艦「深セン」号は現地時間28日午前10時、海上自衛隊の護衛艦「いかずち」の案内で、東京湾に入り、晴海ふ頭に接岸した。

 ふ頭では歓迎式が行われた。防衛省と外務省の関係者、海上自衛隊の将兵、日中友好団体の代表、中国大使館の職員がふ頭で「深セン」号を出迎え、在日華僑・華人、留学生、中国系企業の代表が国旗と花束をもち、初めて日本を訪れた祖国海軍の艦艇を熱烈に歓迎した。

 中国海軍と海上自衛隊の軍楽隊が合同演奏を行った。駆逐艦「深セン」号司令官を務める南海艦隊副司令員の蕭新年少将、「深セン」号艦長の朱建達大佐がタラップを降り、海上自衛隊の吉川栄治海上幕僚長、半田謙次郎横須賀地方総監、河村正雄第1護衛隊群司令、中国の崔天凱大使、孔鉉佑公使、国防武官徐京明少将らと熱烈な握手を交わした。東京都職員代表と海上自衛隊代表が、それぞれ蕭新年副司令員と朱建達艦長に花束を手渡した。

 吉川栄治幕僚長が「中国海軍艦艇による初めての訪日は、両国防衛分野の交流の新たな一章を開くもので、両国の相互信頼と善隣友好を強めることに役立つ」とあいさつした。崔天凱大使もあいさつし、中国軍は平和の師(部隊)、文明の師であり、日本国民が中国将兵との深い交流を通じて、中国軍と中国の軍人の新しい姿を理解し、たえず発展進歩する中国への理解を深めることを願っていると述べた。

 蕭新年副司令員は次のようにあいさつした。駆逐艦「深セン」号には345人の将兵が乗り組み、13億中国人民の友好の気持ちと平和への強い願いを満載している。幅広い交流と接触を通じて、双方の相互信頼を深め、中日友好関係の発展を促し、両国を結ぶ大海を平和と友好と協力の海に変えるため積極的に貢献したい。

 崔天凱大使と蕭新年副司令員は「深セン」号で共同記者会見を開いた。

 駆逐艦「深セン」号は28日午前から海上自衛隊の将兵が見学に訪れた。「深セン」号の将兵も護衛艦「いかずち」を見学し、日本側の将兵と交流し、理解を深めた。中国海軍と海上自衛隊の軍楽隊がふ頭で合同公演を行い、「大海賛歌」や「千の風になって」など、よく知られた両国の曲を演奏し、盛んな拍手を浴びた。

 蕭新年氏一行は同日午後、護衛艦「いかずち」を見学したほか、海上自衛隊幹部学校を訪れた。

 海上自衛隊は同日夜、護衛艦「いかずち」の甲板で、中国海軍艦艇を歓迎するレセプションを開く。

  (東京07年11月28日発新華社)

 

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]