トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
習近平政治局常務委員、日本与党代表団と会見
2007/11/23

 

 中国共産党の習近平中央政治局常務委員・書記処書記は22日、北京の人民大会堂で自民党の谷垣禎一政調会長、公明党の斉藤鉄夫政調会長が率いる日本与党代表団と会見した。

 習氏は次のように述べた。

▽現在、中日関係は良好に発展し、各分野の交流・協力が深まっている。中日関係の改善と発展は両国と両国人民の根本的利益にかなっているだけでなく、アジアおよび世界の平和、安定、発展に重要な役割を果たすものである。中国の党と政府は従来から中日関係を非常に重視しており、双方が共に現在の好機をしっかりとらえ、両国の政治、経済・貿易、人文、多国間分野の協力を強化し、中日両国の「平和共存、代々の友好、互恵協力、共同の発展」の目標を達成するため努力することを希望している。

▽(「中日与党交流協議会」第3回会議の北京開催に祝意を表し)与党交流協議会は両国関係が難しい時期に中日関係の転換実現に重要な役割を果たし、現在は両国与党が政策面の意思疎通を強め、政治面の相互信頼を増進する有効な場となっている。中日関係が新たな発展の好機を迎えている状況の中で、両国の政治家が引き続き積極的役割を果たし、中日善隣友好協力関係を新たな段階に進めるため積極的に貢献するよう希望する。

 習氏はまた先の第17回中国共産党大会の主な状況と大会で決まった内政・外交政策について説明した。

▽谷垣氏は次のように述べた。日本は日中両国の戦略的互恵関係の構築に最大限努力する。これは日中両国の利益にかなうだけでなく、アジア太平洋地域と世界の発展にも有益である。

 谷垣氏はまた福田康夫首相から温家宝首相へのメッセージを伝えた。

 斉藤氏は、与党交流協議会は非常に重要で、日本は中国と共に努力し、これを戦略的互恵関係促進のエンジンにすることを願っていると述べた。

 会見には中国共産党中央対外連絡部の王家瑞部長が同席した。

  (北京07年11月22日発新華社)

 

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]