トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
唐家セン国務委員、日本与党代表団と会見
2007/11/23

 

 中国の唐家セン(王+旋)国務委員は22日、北京の釣魚台国賓館で自民党の谷垣禎一政調会長、公明党の斉藤鉄夫政調会長が率いる日本与党代表団と会見した。

 唐氏は次のように述べた。現在、中日関係は一層の改善・発展の重要な好機を迎えている。中国は日本と共に努力し、両国首脳の相互訪問を計画し、経済・貿易協力を一層深め、人文交流を拡大し、重大かつ敏感な問題を適切に処理し、中日関係の長期的、健全かつ安定した発展のため、確固とした基礎を一層固めることを願っている。

 谷垣氏らは、この一年間の両国関係の重要な進展を喜んでいるとし、さらに日本の与党両党は日中関係を非常に重視しており、中国共産党との交流を通じて、両国の友好協力を深め、両国人民の友好的感情を増進するため新たに寄与したいと願っていると表明した。

 日本与党代表団は中国共産党の招きで「中日与党交流協議会」第3回会議出席のため訪中した。

 ((北京07年11月22日発新華社)

 

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]