トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
大連で第1回サッカー親善試合 中国全人代代表と日本国会議員
2007/10/14

 

 中国の全人代代表と日本の国会議員の第1回サッカー親善試合が13日午後、大連の人民体育場で行われた。

 路甬祥全人代常務委副委員長と日本国会議員サッカーチーム団長の衛藤征士郎国会サッカー外交推進議員連盟会長が開幕式の行事に参加した。路甬祥副委員長は開幕式で、日本国会議員サッカーチームを熱烈に歓迎、親善試合の始球を行った。

 中日双方の選手は、「友好第一、試合第二」のスポーツ精神を発揚して、第1回のサッカー親善試合を成功させた。1時間の試合で、出場した双方の選手は強い興味と熱意を示し、試合を通して中国全人代代表と日本国会議員の相互理解を増進し、友情を深めた。同時にまた、2007年中日文化スポーツ交流年活動と2008年北京オリンピックを力強く支援し、中日友好交流に貢献した。

 今回の活動には国家体育総局、中国サッカー協会、遼寧省人代常務委、大連市人代常務委など関係機関の強力な支援が寄せられた。

 (大連10月13日発新華社)

 

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]