トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
男子バスケ・アジア選手権「中華民国国歌」吹奏で日本側に厳重申し入れ
2007/08/04

 

 外交部アジア局の責任者は8月3日、命を受けて中国駐在日本大使館員と緊急会見し、男子バスケットボールのアジア選手権で日本側組織委員会が「中華民国国歌」を吹奏したことについて厳重な申し入れを行い、次のように指摘した。こうした行為は「中日共同声明」など中日間の3つの政治文書の精神に著しく背き、中国台北の競技会参加に関する国際オリンピック委員会の規定にも違反している。性質は重大で、悪い影響を与えた。中国はこれに強く抗議するとともに、直ちに効果的な措置を講じて悪影響を取り除き、類似事件の再発を防止するよう日本側に求める。

 日本側組織委員会とアジアバスケットボール連盟は今回の行為について、中国側に正式に謝罪したことが確認されている。

 

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]