トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
北京で中日青年フォーラム 「温故知新、友好伝承」がテーマ
2007/06/20

 

 「中日青年世代友好中国行」の一環として「温故知新、友好伝承」フォーラムが19日、北京の中日青年交流センター国際会議ホールで開かれた。

 中国共産主義青年団(共青団)中央書記処の胡春華第1書記はフォーラムの開幕式であいさつし、次のように述べた。青年交流は中日民間友好交流の中の非常に活発な力であり、中日の子々孫々にわたる友好事業継承の希望である。両国各界の友好人士が青年交流を引き続き支援し、両国の青年組織と機関が青年交流を推進し、両国の青年が青年交流に積極的に参加し、青年が中日間の子々孫々にわたる友好促進の歴史的重責をしっかり担うよう希望する。

 日中青年世代友好代表団顧問の中曽根康弘元首相があいさつし、日中両国の友好協力はアジアひいては世界の平和と繁栄の基礎であり、両国人民、特に青年世代がこのために努力すべきだと述べた。

 中日友好協会の宋健・会長、日本の宮本雄二中国駐在大使もあいさつした。

 出席者はフォーラムで中日青年交流の50年間の歴史を示すフィルムを見るとともに、中日友好に対する認識と理解について話し合った。代表団団員の代表と1984年の中日青年友好交流活動の参加者代表が23年前の交流活動について語り、今後も中日友好に貢献する意思を示した。1984年の中日青年友好交流活動の日本側参加者の子女の代表と中日両国の高校生代表が先輩指導者の築いた輝かしい伝統を引き継ぎ、中日友好のバトンを代々伝えていく自信と決意を示した。

 フォーラムは「大海、わが故郷」の歌声の中で終了し、出席者は中日友好記念の巻物にそれぞれサインし、子々孫々にわたる友好を希望する心からの願いを表した。

 フォーラムは中華全国青年連合会の主催で、共青団中央書記処書記で青年連合会副主席の王暁、張暁蘭両氏、中日友好協会の井頓泉常務副会長、楊振亜元駐日大使が出席した。日中青年世代友好代表団の全団員、1984年の中日青年友好交流活動の中国側参加者代表、国内の関係機関、友好団体の代表および首都北京の学生代表ら400人余りが出席した。

 (北京6月19日発新華社)

 

 

 

 

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]