トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
秋田での新中日友好21世紀委員会第6回会合閉幕
2007/06/11

 

 秋田県小坂町で開かれていた会期2日の新中日友好21世紀委員会第6回会合が10日、閉幕した。双方の委員は中日関係の現状と政治面の相互信頼増進などについて討議し、各分野の交流と協力拡大について実務的措置と提案を示した。

 双方の委員は会合で次のような共通認識に達した。1、胡錦涛主席と安倍首相の8カ国グループ(G8)サミット期間中の会談の重要かつ積極的意義と安倍首相の訪中、温家宝首相の訪日の重要な成果を高く評価する。2、中日戦略的互恵関係の脆弱な面を冷静に認識する。3、双方の間の重大かつ敏感な問題を適切に処理することが中日関係の健全かつ安定した発展、両国関係の停滞、さらには後退を防ぐうえで非常に重要であると考える。4、中日関係はすでに二国間関係の範囲を越えるものとなっており、双方は地域的、世界的見地に立って、協力を強化しなければならない。

 双方の鄭必堅、小林陽太郎両首席委員は会合後の記者会見で次のように述べた。委員会はこれまでに6回の会合を行い、討議の中で双方の委員の共通認識がますます拡大し、意見の相違が少なくなった。委員会は来年、中国で第7回会合を開き、報告をまとめ、中日関係の一層の発展のための提言、献策を行い、今委員会の使命を終えることを計画している。

 新中日友好21世紀委員会は両国指導者の合意に基づき、03年7月発足した。両国政府の政策諮問機関として、これまでに両国青少年交流や「中日文化スポーツ交流年」など中日関係改善に役立つ措置や提案を数多く示し、関係発展に積極的に貢献した。

 (秋田6月10日発新華社)

 

 

 

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]