トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
新中日友好21世紀委員会、秋田で第6回会合
2007/06/10

 

 新中日友好21世紀委員会の第6回会合が9日、秋田県小坂町で始まった。鄭必堅中国改革開放フォーラム理事長と小林陽太郎富士ゼロックス首席顧問が首席委員として会合に出席し、開会式で基調発言を行った。

 鄭必堅氏は次のように述べた。温家宝首相が今年4月日本へ「氷を溶かす旅」を行い、両国関係の改善・発展基調を固めた。双方が戦略的互恵関係の中身と枠組みについて重要な共通認識に達し、中日関係はより高い、新しいスート地点に立った。今回の会合で、新しい情勢下の新しい課題が積極的に検討され、中日関係発展のためによりよい道筋と提案が示されるよう期待する。

 小林氏は安倍首相のメッセージを読み上げた後、次のように述べた。今年は「日中文化スポーツ交流年」で、両国がさまざまの交流活動を繰り広げており、政治環境の好転を背景に、両国国民のさまざまの交流のよい成果が得られるものと信ずる。

 2日間の会合で、双方の委員は中日関係の現状と政治的相互信頼の増強、中日間の戦略的互恵関係と重大で敏感な問題の適切な処理および両国の各分野の交流と協力の拡大・深化などについて討論し、具体的提案を行う。

 新中日友好21世紀委員会は両国指導者の共通認識に基づき、2003年7月に設立された両国政府の政策諮問機関で、これまで5回の会合が開かれた。

 (秋田6月9日発新華社)

 

 

 

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]