トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
東京で中日エネルギー政策対話の初会合
2007/04/12

 

 温家宝首相に随行して日本を訪問した中国の馬凱・国家発展改革委員会主任と甘利明経済産業相が司会を務める閣僚級エネルギー政策対話の初会合と中日エネルギー協力セミナーが12日、東京で開催された。双方は「両国のエネルギー分野の協力強化に関する共同声明」に署名した。

 エネルギー政策対話の席で、馬主任と甘利産業相は省エネ、原子力、石炭、国際協力などの問題について意見を交換した。省エネ、環境保護、石油代替、新エネルギー分野の協力を強化することは戦略的互恵関係の重要な内容であり、二国間の経済関係の発展を促進するための重要な分野であるとの点を双方は一致して確認した。両国エネルギー産業界の関係者600人近くが電力、石炭、石油・天然ガス、再生可能エネルギーの4分科会に分かれて協議を行った。双方の政府部門、企業や研究機関が電力、石油・天然ガス、省エネなど6件の取り決めに調印した。

 

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]