トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
温家宝、安倍両首相が日中友好団体の歓迎レセプションに出席
2007/04/12

 中国の温家宝首相と日本の安倍晋三首相は12日、日中友好団体主催の歓迎レセプションに一緒に出席した。

 温首相はあいさつで、次のように指摘した。中日友好協力関係の改善と発展は時代の潮流に沿ったもので、人々の願いにかない、大勢の赴くところ、人心の向かうところであり、その勢いを阻むことはできない。中日関係の改善と発展は両国政府の努力、政治家の決断によらなければならないが、しかし中日両国の友誼の堅固な基礎は人民の中にあり、人民の心の中の友誼こそ末永く続く友誼である。

 温首相は、日中友好団体が長年、中日友好促進に寄与してきたことに感謝を表明、「春が来て、雪が解けた。われわれは中日関係転換のすばらしいチャンスを大切にし、共に中日関係を守り、中日友好を子々孫々伝えていかなければならない」と述べた。

 安倍首相はあいさつで次のように述べた。温首相との会談で多くの重要な共通認識が得られた。これは両国関係が戦略的互恵関係構築の方向に新たに踏み出したことを意味しており、各分野の交流・協力を促進するものであり、これは両国民に有益であり、世界の人々に有益である。

 安倍首相は中国と共に日中関係の発展に全力を尽くしたいと表明した。

 レセプションは日本各界の友好人士と華僑・華人代表800人余りが出席し、終始、友好的雰囲気にあふれていた。

 同日、温家宝首相は主要経済団体主催の歓迎昼食会にも出席した。温首相はあいさつの中で、中国の発展の道および中日関係や両国間の経済・貿易協力を発展させる中国政府の政策を説明した。

 

 

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]