トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
温家宝、安倍両首相が中日文化スポーツ交流年の開幕式に出席
2007/04/12

 

 中国の温家宝首相と日本の安倍晋三首相は12日、東京で中日文化スポーツ交流年の中国側開幕式に出席した。両指導者はあいさつで、文化は両国を結ぶ絆であり、文化交流の強化は両国の友好関係の発展に役立つと一致して表明した。また中日文化スポーツ交流年の催しが成功するよう共に祈った。

 温首相は次のように指摘した。中日両国間の二千年余りの友好交流の歴史の中で、2つの絆がわれわれを固く結びつけている。一つは経済の絆で、一つは文化の絆だ。文化は心の言葉であり、芸術は感情を伝えるものだ。文化と芸術が両国人民の心と感情を結ぶ架け橋になっている。中日文化スポーツ交流年は両国政府が決めた重要な文化交流イベントだ。それは両国人民の相互理解を一層深め、友誼の種をまくだろう。

 安倍首相は次のようにあいさつした。日中両国には長い歴史があり、両国はともに歴史と文化を重んじている。日中国交正常化35周年という歴史的意義のある時を記念するため、日中両国政府は日中文化スポーツ交流年の開催を決定したが、これで両国国民の相互理解が増進されるだろう。

 あいさつの後、両指導者は両国各界の1000人余りと一緒に、中国の民間芸術家が携えてきた、中国無形文化遺産特別公演「古里を守る」を観賞した。

 

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]