トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
温家宝首相、日本の各政党党首と会見
2007/04/12

 

 温家宝首相は12日、東京で自民党の中川秀直幹事長、公明党の太田昭宏代表、民主党の小沢一郎代表、社民党の福島瑞穂党首、共産党の志位和夫委員長ら政党の責任者と個別に会見した。会見で、温首相は次のように述べた。

 中国と日本は一衣帯水の隣国で、中日友好関係を発展させ、互恵協力を拡大することは両国人民の共通の願いであり、両国の根本的利益にかなっている。中国政府は常に中日関係の発展を重視し、中日友好政策を堅持している。今回の日本訪問は両国関係の改善と発展をはかり、両国関係の政治的、経済的、社会的基礎を固めるためのものである。

 今年は中日国交正常化35周年にあたり、両国関係は重要な発展のチャンスを迎えている。双方が中日間の3つの政治文書の原則と精神を堅持し、二国関係における敏感な問題を適切に処理するなら、中日関係は着実に前進する。

 長年、日本の各政党は中日友好に尽力し、両国関係の発展に重要かつ独特な役割を果たしてきた。中国共産党は日本の各政党と実り多い交流を進め、相互理解と信頼を増進している。引き続き日本の各政党と共に、両国関係の長期的、健全かつ安定した発展をはかるため共に努力したい。

 日本側は次のように表明した。温首相の今回の訪問で日中関係の今後の発展への日本国民の自信が強まった。各政党は両国の各分野の友好協力を支持しており、双方のハイレベルの交流を拡大し、戦略的互恵関係の中身を充実させ、環境保護、エネルギー、青少年交流および地域、国際問題で協力を強化することを願っている。

 同日、温首相は中曽根康弘元首相と会見し、中日関係について意見を交わした。

 同日午後、温首相はさらに中日友好事業に長年尽力している日本創価学会の池田大作名誉会長と会見した。双方は親しく友好的に話し合った。

 

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]