トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
呉邦国委員長、海部俊樹元首相と会見
2007/03/28

 

 呉邦国全国人民代表大会(全人代)常務委員長は27日、北京の人民大会堂で日本の海部俊樹元首相と会見した。

 呉委員長は席上次のように述べた。

▽中国と日本は一衣帯水の隣国で、中国政府は中日関係を非常に重視している。昨年10月、安倍首相が訪中して以来、両国関係は全体的に改善と発展の良好な基調を保ち、中日両国人民と国際社会から広く歓迎されている。現在の情勢の下、双方は中日共同声明など3つの政治文書の原則に従い、政治面の相互信頼を一層強め、実務協力を拡大し、中日関係の健全な前進、発展をはかるべきだ。

▽民間交流は中日関係の優れた伝統である。民間、特に青少年の友好交流を積極的に進めることは、両国人民間の相互理解と友好的感情を増進し、中日友好の民意と社会的基礎を固めるうえで、なくてはならない役割を果たしている。

 海部氏は次のように述べた。日中友好を発展させることは両国人民の共通の願いであり、両国の根本的利益にかなうだけなく、地域と世界の平和と安定の維持にも重要な意義がある。日中の子々孫々にわたる友好のために努力したい。

 (北京3月27日発新華社)

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]