トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
李肇星外交部長、自民党・公明党幹事長並びに日中友好7団体の責任者と会見
2007/02/16

 

 日本を訪問している中国の李肇星外交部長は16日午前、自民党の中川秀直幹事長や公明党の北側一雄幹事長らと会見し、日中友好7団体主催の昼食会に出席した。

 李外相は次のように指摘した。中日関係の改善と発展は苦労して手に入れたもので、双方が努力した結果である。温家宝首相による今年4月の訪日は中日関係の健全で安定した発展を推進することにとって深遠で重大な意味を持っている。中国側は訪問を成功させるため日本各界と共に努力していきたい。両与党と友好7団体が新しい時期に中日関係を発展させるため積極的な役割を果たすことを期待している。

 日本側は次のように表明した。日本各界は温家宝首相の訪日を高度に重視しており、それぞれの立場から役割を果たし、訪問を成功させるため努力していきたい。そのため、双方は両国首脳が合意した重要認識に基づいて各分野の交流と協力をたえず拡大し、敏感な問題を適切に処理して日中関係を発展させ、逆転しないようにすべきだ。

 

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]