トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
安倍首相、李肇星外交部長と会見
2007/02/16

 

 安倍晋三首相は16日午後、東京の首相官邸で、日本を訪問している中国の李肇外交部長と会見した。

 李部長は安倍首相に対する中国指導者からのあいさつを伝え、次のように述べた。中国側は安倍首相が中日関係を改善するために行った決断と努力を積極的に評価している。安定した中日関係の発展は両国に利益をもたらし、アジアと世界に恩恵をもたらすことになり、国際社会から一様に歓迎されている。温家宝首相の訪日は、双方が相互信頼を増強、中日関係改善発展の傾向を保ち、戦略的互恵関係を構築するための絶好のチャンスだ。

 さらに次のように話した。中国側は中日関係を高度に重視しており、温家宝首相訪日の準備を整えることが今回の訪問の目的だ。両国の政府と政治家は戦略的視野に立ち、将来に目を向け、綿密な計画をまとめ、戦略的互恵関係を構築し、平和共存、世代友好、互恵協力、共同発展という崇高な目標を実現すべきだ。

 安倍首相は次のように語った。日本政府、国民、私自身も温家宝首相の訪日を熱烈に歓迎しており、訪日に期待している。日中協力を深める問題、戦略的互恵関係を構築する問題、地域・国際問題での協調を強化する問題について、温首相と突っ込んだ意見交換を行いたいと思っている。

 また次のように表明した。昨年の訪中では、中国の指導者との間で多くの重要な共通認識を得た。今年は日中国交正常化35周年にあたり、日中関係の安定した発展のため、中国側と共に努力していきたい。



[Suggest To A Friend]
       [Print]