トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
中日はチャンスをとらえ関係強化を 中国外交部長補佐
2006/12/06

 

 中国外交部の崔天凱部長補佐は6日北京で、中日関係は好ましい発展傾向を保ち、関係を発展させる好ましいチャンスを迎えており、双方はチャンスをとらえ両国関係の改善と発展を一層推進すべきだ、と強調した。

 崔補佐はフィリピンで開催される東南アジア諸国連合(ASEAN)・中日韓首脳会議など一連の会議に出席する温家宝首相の外遊に関する記者会見で表明したもの。

 温首相と安倍晋三首相はフィリピンで首脳会談を行うのかとの質問に、崔補佐は「中日双方は両国首脳会談の準備を積極的に進めているところだ」と説明した。

 また次のように述べた。中日関係は近年、皆さんが高度に重視する問題となっている。今年10月初め、中日双方は両国関係に影響を与えている政治的障害を取り除き、両国の友好協力関係を健全に発展させることで合意した。この合意は中日関係を改善発展させるための条件を整えた。これを踏まえて、安倍首相は成功裏に中国を訪問、中国首脳と突っ込んだ話し合いを行った。11月にベトナムのハノイで開催されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)非公式首脳会合の合間に、胡錦涛国家主席も安倍首相と会見した。中日関係は好ましい発展傾向を保ち、関係を発展させるチャンスを迎えている、と我々は考えており、双方はチャンスをとらえ、両国関係を一層改善、発展させるべきだ。

 姜瑜・外務省報道官の11月30日の発表によると、フィリピンのアロヨ大統領に招かれ、温首相は11日から14日にかけて、同国で開催される第10回ASEAN・中日韓首脳会議、第10回中国・ASEAN首脳会議、第2回東アジアサミットに出席、同国を公式訪問する。同国滞在中、温首相は第7回中日韓首脳会議にも出席する。

 (北京06年12月06日発新華社)

 

 

 

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]