トップページ > 旧版网站栏目 > 教育と留学生交流
日中で1500人規模の教師交流事業中曽根外相語る

    日本の中曽根弘文外相は1日、日中両国は今後3年間に1500人の教師交流プログラムを実施し、両国関係をより良い方向に発展させることを希望していると強調した。

    在中国日本人および日中教育関係者の懇談会で述べたもので、「今回の訪中で、中国側と新たな事業について話し合った。今後3年間に1500人の教師交流プログラムの実施を希望している」と表明した。

    中曽根外相は「日中両国には非常に長い交流の歴史がある」と強調し、今回の訪問で日中両国が経済や人員交流など各分野の緊密な連携および一層の交流を通じて相互理解を増進する重要性を改めて深く感じたと述べた。

    日本外務省の児玉和夫報道官は先のブリーフィングで次のように説明した。中曽根外相は中国の楊潔チ(竹かんむり+褫のつくり)外相との会談で「教師交流を推進し、新しい未来を開く」計画を提案した。双方は今後3年間に中国側が1000人、日本側が500人の合計1500人規模の教師交流・相互訪問プログラムを実施し、両国の歴史と文化を学ぶことで一致し合意した。

    中曽根外相は次のように語った。1万人余りの日本人が北京で生活している。日中両国の交流は政府間だけでなく、経済関係者や民間の交流も非常に重要である。「教師の交流は非常に良い事業で、日中両国関係がより一層良い方向に発展することを希望している」。

    昨年の「中日青少年友好交流年」のイベントは非常に大きな成功を収めた。中日双方は今年も引き続き青少年交流計画を積極的に推進することで合意した。計画は両国の青少年約400人が交流するものである。これは双方が両国の国民感情を一層増進することに目を向け、両国が友好事業の継承者を養成するもう一つの重要な交流活動となる。

    (北京3月1日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]