トップページ > 旧版网站栏目 > 教育と留学生交流
日本の高校生200人が中国訪問へ
2006/11/15

 

 中日友好協会に招かれ、日本の高校生代表団の第一陣150人が21日から27日まで中国を訪問する。第二陣50人も12月19日から訪中する。

 今回訪中する高校生は、千葉県、茨城県、三重県の高校生で、北京、西安、成都、上海を参観訪問、中国の一般家庭にホームステイする。

 中日両国高校生の相互訪問は両国の青少年交流を強化するため、新中日友好21世紀委員会の提案に基づいて行われるもので、費用は両国政府が出している。日本側は5月から計4回約800人にのぼる中国の高校生を日本に招待している。

 (北京06年11月15日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]