トップページ > 旧版网站栏目 > 教育と留学生交流
王毅大使、東京大学を訪問
2005/09/02

 

王毅大使は小宮山総長と記念写真をとっている

王毅大使はアサツーディ・ケイ中国育英基金にいる

 王毅大使は8月30日、東京大学に招かれて同大学を訪問した。大使は小宮山宏総長と総長室で親しく友好的に話し合った。小宮山総長は大使に東京大学の改革(独立行政法人化)後の発展戦略を紹介し、国際交流をより一層重視し、特に多くの措置をとって、積極的かつ主体的に中国の一流大学と協力することを強調するとともに、中国の優秀な学生が東大で学ぶことを歓迎すると述べた。王大使は東大が中国人留学生の育成を重視し、また中国との学術交流を積極的に進めいていることを称賛した。王大使は東大側の案内で工学部のCOEプログラムの実験室を興味深く見学し、そこで教えている中国の学者、学んでいる学生と親しく会った。大使はまた東大とアサツーディ・ケイが共同で創設した「東京大学―アサツーディ・ケイ中国育英基金」の記者会見に招かれて出席した。これは東大が初めて中国人留学生のために特別に設けた奨学金である。

王毅大使は東大在籍の中国人学者、学生と親しく交流している

王毅大使は東大在籍の中国人学者、学生と記念写真を撮っている



[Suggest To A Friend]
       [Print]