ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
程永華駐日大使,日中友好議員連盟総会に出席
2017/12/15
 

12月12日、程永華駐日大使は日中友好議員連盟総会に出席した。総会で改選が行われ、高村正彦自民党副総裁が会長を退任し、林芳正文部科学相が新たな会長に選出された。これには同連盟の山口那津男顧問、北側一雄副会長、近藤昭一幹事長ら50人余りの国会議員が出席した。

程大使はあいさつで次のように述べた。現在中日関係は改善・発展の新たな局面を迎えつつある。先月、習近平主席と李克強総理がそれぞれベトナムとフィリピンで安倍首相と会談した。両国指導者は今年の中日国交正常化45周年と来年の中日和平友好条約締結40周年の重要な契機をしっかりとらえ、平和、友好、協力の大方向を的確につかみ、意見の相違を建設的かつ適切に管理し、両国関係の持続的改善と発展をはかるとともに、「一帯一路」(シルクロード経済ベルトと21世紀海上シルクロード)協力を強力に進めるべきだとの認識で一致した。中国は安倍首相と日本側の最近の中日関係に関する前向きの姿勢に留意しており、双方が共に努力し、互いに前向きな善意の政策をとり、各分野の交流・協力を強化し、両国関係の改善・発展の勢いを定着させるよう希望する。

程大使また次のように述べた。日中議連は日本の国会に重要な影響を与える超党派議員の組織で、日中友好7団体の一つとして、長年、日中関係の再構築・発展の歩みを見届け、それに関わり、両国関係の改善・発展に重要な貢献をしてきた。高村正彦先生は2004年の会長就任以来、中日関係改善・発展のため、積極的に努力をされてきた。影響力のある政治家、中国の古い友人として、高村先生には引き続き中日関係の発展に関心と支持を寄せていただきたい。また日中議連が林芳正新会長の積極的で力強い指導の下、引き続き優れた伝統を発揚するとともに朝野各党のより多くの若い政治家を迎え入れ、一層豊かで多様な交流活動を繰り広げ、中国の発展に対する日本各界の客観的認識をけん引し、中日実務協力、中日友好促進のために一層積極的な役割を果たすよう期待している。

高村会長と林新会長が日中議連の活動状況と今後の構想を説明し、積極的に役割を果たし日中関係の着実な改善・発展をはかりたいと表明した。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷