ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
駐日大使館がホストファミリー訪中団の壮行会
2017/06/16
 

    6月9日、駐日中国大使館は日本の「民宿」家庭〈ホームステイ受け入れ家庭〉訪中団の壮行会を開いた。これには程永華大使、薛剣・公使級参事官、大使館の若手外交官代表、日本外務省アジア大洋州局の四方敬之参事官らが出席した。団長を務める日中友好会館の江田五月会長とまもなく訪中の途に就く「民宿」家庭の代表20人余りが壮行会に参加した。同日、中国大使館の沈建国参事官が大阪に赴いてその他の団員40人余りのために説明会と壮行会を開いた。

    程大使はあいさつで次のように述べた。長年にわたり、日本の「民宿」家庭は中国の青年訪日団体や在日留学生を温かくもてなし、両国人民の相互理解と友好的感情の増進に重要な役割を果たしてきた。今年、中日関係は国交正常化45周年という重要な節目を迎えるが、両国の各界が引き続きそれぞれの強みを生かして、両国関係のさらなる改善と発展を図るよう希望する。今回の訪中団はシニア・ミドル・ユースで構成されている。この訪問を通して皆さんが中国の発展・変化を体感し、中国に対する認識と理解を一段と深め、両国の民間友好のためにより一層貢献することを期待している。

    江田会長はあいさつで中国側の招待に感謝し、次のように述べた。日中両国は引越しの出来ない隣人であり、互いの文化が似ていて、友好交流を進める上で恵まれている。今回の訪中の機会を生かして、中国に対する全面的な理解をさらに深め、中国の友人と幅広く交流し、今後、日中友好事業のためにさらに努力したい。

    今回の訪中団は駐日大使館に招かれたもので、団員は合計69人。6月10日から16日まで北京・四川・上海を訪れ、見学・交流する。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷