ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
中国の一部都市での対日デモ 外交部報道官,記者の質問に答える
2010/10/17

 16日、中国の一部の都市で対日デモが発生した。馬朝旭外交部報道官は同日記者の質問に答えた際、一部の大衆がこのところの日本側の一部の誤った言動に義憤を表していることは理解できるが、しかし法に基づき、理性的に愛国の熱情を表明すべきであると述べた。

 10月16日、中国の一部の都市で対日デモが起きたが、中国のコメントはとの質問に、馬朝旭報道官は次のように答えた。中国と日本は互いに重要な隣国だ。両国間にいくつかの敏感で、複雑な問題が存在しているが、われわれは対話を通じて適切な解決をはかり、両国の戦略的互恵関係を共同で守ることを主張している。

 馬報道官はさらに、次のように述べた。一部の大衆がこのところの日本側の一部の誤った言動に義憤を表していることは理解できる。しかしわれわれは、法に基づき、理性的に愛国の熱情を表明するよう主張しており、非理性的な、法規に反する行為には賛成できない。広範な大衆は必ず愛国の熱情を本分を全うする実際行動に変えて、改革、発展、安定という大局(大きな利益)をしっかり守ることができると信ずる。

(北京10月16日発新華社)

推荐给朋友
  印刷 全文印刷