ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
2008年7月31日の中国外交部劉建超報道官の定例記者会見
2008/08/01

 

 2008年7月31日の中国外交部劉建超報道官の定例記者会見のうち、北京五輪関係の一問一答は次の通り。

 問 先に中国は外国メディアの北京五輪報道にはスポーツ競技だけでなく、他の面も含まれると表明した。きのう、国際五輪委員会(IOC)と北京五輪組織委は外国メディアの競技取材の権利だけ保証すると表明した。これは2001年に中国が08年五輪開催権を得た際すでに決めていた政策なのか、今年になって見直したものか。中国の一部の「反体制派」は外国人記者と会わないよう言われていると伝えられるが、これは先の中国側の約束と違っていないか。

 答 あなたが指摘したIOCの声明に関して、IOCの職責の範囲がどうなのかについて、中国外交部報道官の私としてはコメントできない。しかし、「北京五輪及び準備期間中の外国人記者の中国での取材規定」を実施する中国政府の決意は固いもので、われわれは引き続きこの規定を全面的、効果的に、正しく実施する。この立場は変わっていない。

 問 最近、一部のロシア人が海南島を観光した際、関係機関が空港でパスポートを取り上げたといわれるが、これは北京五輪の安全に配慮し、外国人観光客が中国各地を旅行するのを防ぐためのものなのか。

 答 海南はロシア人に人気のある観光地だ。海南側はロシアを含む各国観光客の便宜をはかるものと私は信じており、あなたの質問の情報には懐疑的だ。ここで海南を含む中国の観光機関に対し再度確認したい。われわれはロシアを含め世界各国の観光客が中国を訪れ、観光したり、五輪関連のイベントに参加したりするのを歓迎する。この政策は変わっていない。

 問 ブッシュ米大統領は来週、北京五輪の開会式に出席する。胡錦涛主席、温家宝首相、習近平国家副主席と会うと伝えられるが、双方はどのような問題を話し合うのか。中国が中米間で解決が待たれると考える問題はなにか。

 答 ブッシュ大統領は北京五輪の開会式と関連のイベントに出席する。胡錦涛主席ら中国の指導者が大統領と会見する。中米両国は共に世界で重要な影響力をもつ国で、双方は共に両国関係を重視し、両国の指導者が経常的に接触している。会見のたびに多くの重要な問題について話し合っており、今回も例外ではない。私はブッシュ大統領の滞在中、両国指導者が中米関係および共に関心を寄せる重要な国際・地域問題について意見を交換すると信じている。

 問 胡錦涛主席が明日、一部外国メディアのインタビューに応じるといわれるが、これはどのような配慮によるものなのか。具体的にどのような質問に答えるのか。

 答 多くのメディアは五輪前に胡主席がインタビューに応じるよう希望し、われわれに要求を出している。取材の時間は限られ、すべてのメディアを招くことは不可能だが、理解して頂きたい。今回のインタビューに参加する機会のなかったメディアが関係の情報を迅速に得られるよう、われわれは胡主席の質問に対する回答を適時に発表する。胡主席がどのように回答するかは、記者がどのような質問をするかによる。

 問 中仏関係について、五輪開会前に胡錦涛主席はサルコジ大統領と会うのか。

 答 われわれはサルコジ大統領の開会式出席を歓迎しており、中国の指導者は大統領と会うだろう。具体的手配についてはさらに協議している。

 問 きょうの人民日報は論評を掲げ、名指しこそしていないがチェコ首相が「チベット独立」を支持し、ダライに勲章を授与したことを批判しているが、中国政府の公式コメントは。なぜ中国は依然としてチェコ首相の北京五輪出席を歓迎するのか。

 答 われわれは関係の情報に留意し、すでにチェコ側に説明を求めた。われわれは関係国の指導者が北京五輪期間中にIOCの関係規定および五輪精神に基づいて問題を処理するよう、そして中国人民の感情を傷つけ、二国間関係を損なうようなことをしないよう希望している。外国指導者の五輪出席については、これまで何度も招請の手続きを説明してきた。同時に中国は大会ホストとして、五輪の関係イベントに出席する外国指導者および各界の人々に便宜を図る。

 問 五輪開会式まで1週間余りとなったが、何人の外国元首が開会式出席を確認したか。香港マカオ台湾地区の首脳は北京に来るのか。

 答 何人の外国要人が五輪のイベントに出席するかについて、私は先ごろ紹介した。その時の情報では80人余りだった。この数字はこの数日で変化しており、正確な数字を示すことは難しいが、おそらく80人から90人の間だろう。中国香港、マカオ、台湾の要人の開会式出席については関係機関に聞いて頂きたい。

 問 一部の外国人記者の五輪取材の際に中国側警備担当者との間でいくつか摩擦が起きている。例えばドイツのテレビ局が五輪入場券を買い求めている人々の様子を取材していた際、阻止された。これは安全面の配慮からなのか。

 答 改めて次のように強調したい。事件が起きたのには原因があり、その過程を双方が振り返ってみるべきだ。中国側に必要な努力については、一層完全なものにしたいと考えている。同時に私は外国人記者が中国での取材では中国の法律・法規に従い、警察の指示がある場合は指示に従うよう希望する。これは世界のどこでも慣行となっている。同時に次のように強調したい。われわれは引き続き「北京五輪及び準備期間中の外国人記者の中国での取材規定」を実施するよう努力する。この決意はまったく変わっていない。この過程であれこれの問題が起きた場合、双方が共に建設的方法で解決するよう希望する。

 問 きのうの五輪リハーサルでは厳しい警備があったが、韓国のテレビ局は撮影をしている。これをどう説明するか。

 答 われわれは韓国のテレビ局が五輪開会式のリハーサル映像を放映し、社会的反響を呼んだことに留意している。私は、外国のテレビ局を含む多くの人が開会式に強い関心を持っているが、焦らずに規則に従うほうが良いと信ずる。

 北京五輪組織委の警備部門はしかるべき措置をとっており、皆さんが理解するよう希望する。セキュリティー問題について、私は中国側の見解を何度も説明している。大会を成功させるには安全と秩序という条件が必要であり、この過程でわれわれは関係方面の協力が得られるよう希望している。

 

推荐给朋友
  印刷 全文印刷