ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
2005年10月18日の中国外交部孔泉報道官の定例記者会見
2005/10/19

 

 2005年10月11日の中国外交部孔泉報道官の定例記者会見のうち、日本関係の一問一答は次の通り。

 問 昨日、中国の有人宇宙船「神舟6号」が帰還し、中国人が国を挙げて祝っているときに、日本の小泉首相が靖国神社を参拝したことについて、中国外交部のコメントは。次に今回、小泉首相の服装と参拝の形式が前回と異なり、時間も短く、首相としてではなく、私人として参拝したことを強調しようとしているようだが、中国はこうした変化をどのように評価するか。

 答 靖国神社に対する中国政府の立場と姿勢は非常に明確である。われわれは日本の指導者がいかなるとき、いかなる形でも第2次世界大戦のA級戦犯を祀る靖国神社を参拝することに断固反対する。

 2番目の質問については、小泉首相がいかなる形式をとっても、参拝の本質を変えることはできない。中国は当然ながら、強い反応を示す。

 問 昨日、李肇星外相は外交部声明の中で、小泉首相は自らの誤った行為による重大な政治的結果に対して全責任を負わなければならないと述べたが、「重大な政治的結果」とは具体的になにを指すのか。

 答 この声明を細かく読むよう希望する。今年は中国人民抗日戦争・世界反ファシズム戦争勝利60周年で、国際社会は人類が非常に大きな代償を払って得た教訓を銘記し、より良い未来を築くため、世界に重大な災難をもたらしたあの歴史をそれぞれの方法で振り返っている。だがこのような時に、小泉首相はあくまでも第2次世界大戦のA級戦犯を合祀する靖国神社を参拝した。こうしたやり方では、首相が言っている歴史を反省するという目的は達成できない。逆に日本の右翼の極端な勢力が歴史をわい曲し、否定するのを助長する役割を果たしている。

 中国政府は中日関係を重視しており、中日関係を発展させるため大きな努力を払った。近代史において、中国人民は日本軍国主義から最も大きい傷を受けている。中日関係を発展させるには確固たる基礎がなければならず、それは歴史を鑑とし、未来に目を向けるということだ。日本の指導者はこの問題で約束をした。しかし、今日の行動は、彼らが言ったことを守らず、自らの約束を守っておらず、中国人民、アジア人民および平和を愛する全世界の人民に対する約束を守っていないことを証明するものだ。こうした誤った行動は必然的に重大な政治的結果を招くことになる。

 問 中国側の言う「重大な政治的結果」をより詳しく説明していただきたい。

 答 中日関係のすべてを真剣に考え、中国外交部が昨日発表した声明を真剣に読むなら、自らの分析、判断が得られるはずだ。

 問 胡錦涛国家主席は抗日戦争勝利60周年にあたる重要演説の中で、対日関係重視を明確に表明した。昨日の小泉首相の靖国神社参拝を受けて、胡主席のこの基本的立場は変わるのか。次に小泉首相は、参拝問題はあるが、なお中日関係を進展させたいと考えていると表明しているが、中国はこれをどのようにみるか。3番目に中国は小泉首相の参拝に対する報復措置を考えるのか。4番目に中日関係は政冷経熱と言われるが、今回の参拝は中日両国の経済・貿易関係に影響するだろうか。

 答 対日関係について中国政府の姿勢と立場は一貫している。われわれが何度も表明しているように、中日は重要な隣国同士であり、両国人民は2000年余りの交流の歴史から一つの重要な結論を得ており、それは両国が友好的に付き合っていかなければならないということだ。戦後60年間、中日関係は不正常なこともあった。しかし、中日国交樹立後、われわれの関係は急速に発展した。その基礎は中日間の3つの重要な政治文書であり、基礎はつまり、双方が歴史を鑑とし、未来に目を向け、両国関係の素晴らしい未来をともに築き、両国人民に幸せをもたらし、アジア太平洋地域と世界の平和と安定を守るべきであると一致して考えていることである。

 2番目の質問について、われわれは、小泉首相が再三靖国を参拝しているのは、非常に重大なことであると考えている。世界人民に対する約束を真に果たしておらず、中日関係の政治的基礎を壊した。

 3番目の質問については、外交部の昨日の声明がはっきり述べている。小泉首相は自らの誤った行為によって生じる重大な政治的結果に全責任を負わなければならない。

 4番目の質問については、中国に常駐する日本の記者であるあなたは、中日の経済・貿易が近年、急速に発展していることを知っているはずだ。昨年、中日貿易は1678億㌦に達した。両国間の経済・貿易関係発展の重要な基礎は友好・互恵であり、われわれは健全、安定を基礎に、中日両国の経済・貿易関係を絶えず発展させることを希望し、同時に中日両国の政治関係が経済・貿易関係の順調な発展に良好な雰囲気と環境をもたらすよう期待している。

 問 町村信孝外相は今月中国を訪問することになっているが、小泉首相が靖国神社を参拝しても、訪中は予定通り行われるだろうか。中国はどのような姿勢をとるか。

 答 日本外相の訪問についてだが、現在の厳しい情勢を考えると、今回の訪問は時宜にかなっておらず、中国側としては受け入れにくい。

 問 中国のその立場はすでに日本政府に伝えたか。日本側の反応はどうか。

 答 そのことに関して、具体的状況は知らない。

 問 日本は中国側に小泉首相の靖国参拝を事前に伝えたか。

 答 私は知らない。日本の指導者の靖国参拝に断固反対する中国政府の立場は非常に明確で、確固としたものである。

 問 小泉首相の靖国参拝による政治的結果および中国が日本外相の訪中を取りやめにした具体的状況を詳しく説明していただきたい。

 答 カナダのメディアの記者であるあなたは第2次世界大戦で起きたあらゆることを知っているはずだ。アジアで口では言い表せないような惨劇が起き、それは中華民族にとっても、アジアの他の国の人民にとっても、日本人民にとっても同様だった。われわれは、あの歴史を直視し、教訓をくみ取り、アジア諸国が新たな時代に手を携えて共に未来を築かなければならないと考えている。つまりわれわれがいつも言っている「歴史を鑑とし、未来に目を向ける」ということだ。中国の指導者、中国政府は中日関係を守り、アジア太平洋地域の平和と安定を守るため、日本側にこの道理を繰り返し説いており、日本の指導者、特に小泉首相が全体を知り、大局を考え、我意を押し通さないよう希望している。今年4月23日、胡主席はジャカルタでアジア・アフリカ・サミットに出席した際、特別に時間を割いて小泉首相と会い、中日関係を一層発展させる5つの主張を提起した。この会見は小泉首相が靖国を参拝した後だった。中国政府と中国の指導者はずっと努力しており、彼がはっきり悟るよう希望していた。しかし、中国側の誠意と努力に日本の指導者の積極的反応はなかった。逆に両国の多くの先人、有識者が長年中日友好事業に心血を注いだことも顧みず、間違った道をますます歩んでおり、われわれはこれに深い憤りを感じている。われわれは声明の中で、小泉首相はその誤った行為によってもたらされる重大な政治的結果に全責任を負わなければならないと述べた。声明は最後のくだりで特に「いかなる者も道理にもとる行動をするのは、両国の先人に背き、両国の子孫に背くことであり、最後には必ず自業自得の憂き目にあうにちがいない」と述べている。

 町村外相の訪中問題については、すでに答えており、それ以上の詳しいことはない。

 問 中国外交部はどのようなルートで小泉首相の靖国参拝を知ったのか。日本は事前に中国側に伝えたか。15日の第3回中日戦略対話の際、日本の谷内正太郎外務事務次官が戴秉国外務次官に小泉首相の参拝の可能性を示唆しなかったのか。17日午前、谷内次官と戴次官は釣魚台で会見したが、中国は、これを中日戦略対話の一環と考えたのか、小泉首相の参拝問題で日本側に抗議する会見だったのか。

 答 参拝は非常に重大なものだ。中国がどのようなルートで知ったかは重要ではない。われわれは、日本の首相がいかなる形でも第2次世界大戦のA級戦犯を祀る靖国神社を参拝することに断固反対する。日本の記者であるあなたは、18日の貴国の重要メディアが一紙を除いて、小泉首相の誤った行動に批判的、否定的態度をとっていることを見ているはずだ。

 中日両国は17日、戦略対話を行った。今回の対話は事前に決まっていたもので、双方は今回の対話の内容について明らかにしないことを取り決めている。

 問 町村外相の訪中を受け入れることは適切でないと言ったが、町村外相の訪中予定を取り消したということか。

 答 その質問にはすでに答えた。付け加えることはない。

 問 昨夜、中国外交部が発表した声明を読んで、中国は小泉首相をはじめとする日本政府と日本人民を区別し、中日関係の全面的悪化を回避しようとしていると感じたが、コメントは。

 答 中国駐在の日本人記者のあなたは中国で一定期間すごしており、アジアの他の国を含む中国人民が、第2次世界大戦のA級戦犯を祀る靖国神社についてどう感じているかよく知っているはずであり、また日本の政府要人の靖国参拝に対する中国政府の厳しい立場を知っているはずだ。

 問 昨日午後に予定されていた中国外交部アジア局の崔天凱局長と日本外務省の佐々江アジア大洋州局長の会談が取りやめになったというが、その原因は町村外相の訪中取りやめと同じか。

 答 私の知るところでは、武大偉外務次官が16日、佐々江局長と6カ国協議問題について会見している。

 

推荐给朋友
  印刷 全文印刷