ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
フィリピンとの交渉の扉常に開いている 中国外交部
2016/05/10

    中国外交部の洪磊・報道官は5日の定例記者会見で、南海問題で仲裁を求めていることについてフィリピンは二国間の手段が尽き、やむを得ない措置としていること、また中国と何ら交渉をしていないとする論評もあることについて、どのように見ているかとの質問に答え、次のように述べた。

    中国とフィリピンは一連の二国間、多国間文書を通じ、交渉による係争解決を選択すると明確にしており、フィリピンは約束に反している。中国はフィリピンとの交渉の扉を常に開いている。両国はこれまでに相互信頼の増進、相違のコントロール、海上協力の推進で緊密に接触し、何度も協議している。フィリピンは仲裁を求める訴えの内容について中国といかなる交渉も行っていない。いわゆる「二国間の手段が尽き」というのは国際社会に対する完全なでたらめである。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷