ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
南海の掘削リグ作業位置は中国側管轄海域 ベトナムの撤退要求で中国外交部
2016/04/11
 

    中国外交部の洪磊・報道官は8日の定例記者会見でベトナムが中国の掘削リグ「海洋石油981」に対し両国間で紛争のある南海の北部湾湾口外海域から撤退し、掘削探査計画を取りやめるよう要求したとの報道について、また中国が渚碧礁灯台の正式稼働を発表したことについてベトナムの主権を侵害しているとベトナムが言っていることについてそれぞれコメントを求められ、次のように述べた。

▽最初の質問について、作業位置は紛争のない中国側が管轄している海域で、通常の商業探査である。関係方面が客観的、理性的に見るよう希望する。

▽二番目の質問について、灯台の正式稼働は中国の主権の範囲内のことで、非難されるいわれはない。中国の目的は国際的責任と義務をより良く果たすことで、南海の航行により多くの公共サービスを提供し、航行の自由と安全を守ることである。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷