ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
南中国海の航行の自由は影響受けていない 中国外交部
2016/03/04
 

  中国外交部の洪磊・報道官は3日の定例記者会見で、南中国海地域情勢は全体的に安定し、航行の自由と貿易往来は何らマイナスの影響を受けていないと強調した。

  インドネシアのユスフ・カラ副大統領は最近、メディアの取材に答え、中国は工業大国として海上貿易ルートの平和・安定維持を希望し、中国には南中国海地域を支配する考えはなく、南中国海の紛争を解決する最良の策は各国が手を携えて協力し、共同開発することであると考えていると述べた。これについてコメントを求められて答えたもので、次のように述べた。

  中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の共同の努力の下、南中国海地域情勢は全体的に安定し、航行の自由と貿易往来はいかなるマイナスの影響も受けていない。中国の南中国海問題に対する政策は一貫し、明確で、南中国海の平和・安定および各国の国際法によって享受する航行と飛行の自由を断固守り、交渉と協議による平和的紛争解決を堅持し、ルールと仕組みによる紛争コントロールを堅持し、協力と開発を通じた互恵ウィンウィンの実現を堅持する。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷