ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
緊張作り出す行為に反対 朝鮮半島情勢で中国外交部
2015/08/23

    中国外交部の華春瑩報道官は21日、中国は朝鮮半島情勢の動きを注視しており、緊張を作り出すいかなる行為にも反対すると強調した。

    朝鮮と韓国の双方が20日、軍事境界線付近で砲撃を行い、半島情勢が緊張しているとの報道について、コメントを求められ答えたもので、華報道官は次のように述べた。

    ▽朝鮮半島に隣接する中国は半島情勢の動きを注視しており、最近の事態を深く懸念している。中国は地域の平和と安定を断固として守り、緊張を作り出すいかなる行為にも反対する。

    ▽われわれは関係方面が冷静と自制を保ち、接触、対話を通じ、現在の事態を適切に処理し、情勢の緊張をエスカレートさせる可能性のあるいかなる行動も停止するよう促す。中国は関係各国と共に、半島の平和・安定の大局のため共に尽力することを願っている。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷