ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
中国外交部の華春瑩報道官,日本の安倍晋三首相が発表した戦後70年談話について記者からの質問を答えた
2015/08/15

    問:8月14日に、日本の倍晋三首相が戦後70周年談話を発表しました。中国側のコメントは?

    答:中国は日本の指導者の談話に留意しました。張業遂外交副部長がすでに日本の木寺昌人駐中国大使に対し、中国の厳粛な立場を表明しました。日本の軍国主義が発動した侵略戦争は中国とアジアの被害国人民に深くて重大な災難をもたらしました。過去のあの歴史を正しく認識して向き合うことは、歴史を銘記し、正義を守るうえにおける要請であり、日本とアジアの隣国との関係改善の重要な基盤であり、また未来を切り開くための前提でもあります。国際社会が第二次世界大戦勝利70周年を共に記念する今日に、日本は軍国主義による侵略戦争の性格と戦争責任についてはっきりと明確に説明し、被害国人民に真摯にお詫びを行い、軍国主義の侵略の歴史ときっぱりと徹底的に決別すべきであり、この重大な原則的問題でごまかしてはなりません。

    歴史問題は中日関係の政治的基盤と中国人民の感情にかかわるものであり、中国側は「歴史を鑑とし、未来に向かう」ということを一貫して主張しており、歴史を直視してはじめて、未来を切り開くことができるようになります。中国側は、日本側が中日国交正常化以来、歴史問題において中国側に対する厳粛な態度表明と約束を確実に守り、侵略の歴史を直視して深く反省し、平和発展の道を堅持し、実際の行動をもってアジア隣国と国際社会の信頼を得るよう促します。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷