ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
12月25日の中国外交部華春瑩報道官の定例記者会見のうち,日本関係の一問一答
2012/12/26
 

   問:報道によると、22日、日本の航空自衛隊がF15戦闘機を再び出動させ、「釣魚島を目標として向かっていた」中国海監機を妨害した。これについて中国側のコメントは。日本のこのような動きが招く可能性のある緊張情勢のエスカレートにどのように対応するのか。中国側に軍機を派遣して対応する計画はあるか。

   答:知るところでは、あなたの質問の中国海監機の飛行は東中国海海域上空でこれまでずっと行っている定例パトロールである。中国は日本側が航空自衛隊の航空機を出動させたことに高い関心を払い、警戒しており、日本側に厳重な申し入れを行った。中国は日本側の意図を注意深く見守っている。

   問:日本の木寺昌人新中国駐在大使がきょう、北京に着任したが、中国側はなにを期待するか。新大使の就任が中日関係の改善にプラスの役割を果たすものになるか。

   答:私はきのう同様の質問に答えた。われわれは木寺昌人新大使が中日関係の改善に積極的に努力したいと態度表明したことに留意している。新大使が中国各界と緊密に接触し、意思疎通をはかり、中国に対する理解を増進し、中日関係の改善と発展に積極的に努力することを希望する。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷