駐日中国大使館報道官,日本自民党国会議員の台湾に関するネガティブな動きに厳正な立場を表明
2021/08/27

 問:日本の自民党外交部会、国防部会の責任者が27日、台湾の民主進歩党(民進党)の関係者といわゆる「外交・安全保障対話」を行った。これについてコメントは。

 答:自民党の少数の国会議員は台湾民進党の関係者といわゆる「外交・安全保障対話」を行い、形を変えた公式往来をたくらみ、中国の内政に乱暴に干渉し、「一つの中国」原則と中日間の四つの政治文書の精神に重大に反し、日本のこれまでの約束に重大に背いた。これは台湾問題でのまた一つのネガティブな動きで、「台湾独立」勢力に甚だしく誤ったシグナルを送るものである。中国は強い不満と断固とした反対を表明し、すでに日本に厳重な申し入れを行った。

 台湾は中国の領土の不可分の一部である。「一つの中国」原則に対する挑戦は許されない。中国は中国と国交のある国の台湾との公式往来については、いかなる形であっても断固反対する。いかなる者も中国人民の国家主権と領土保全を守る強い決意、固い意志、強大な能力を見くびってはならない。「一つの中国」原則に対する否定、挑戦のたくらみはみな失敗に終わる。

 台湾問題は中国の核心的利益に関わり、中日関係の政治的基礎に関わり、両国間の基本的信義に関わるものである。台湾問題を適切に処理することは中日国交回復の前提と基礎で、中日共同声明など四つの政治文書はこれを明確に規定している。一時期から日本は台湾問題で連続して甚だしくネガティブな動きを見せ、両国間の政治的相互信頼を損ない、中日関係の雰囲気を悪化させている。中国は日本が実際の行動で中日間の四つの政治文書の精神を厳守し、台湾問題で約束を守り、いかなる形でも中国の主権、安全、発展の利益を損なうことをやめ、両国関係が一段と損なわれないよう厳に促す。